ノーベル物理学賞受賞記念シンポジウム 素粒子論と唯物弁証法 : 唯物論と現代  43

関西唯物論研究会【編】

[目次]

  • 特集1 ノーベル物理学賞受賞記念シンポジウム-素粒子論と唯物弁証法(宇宙の仕組みと対称性の破れ-「対称性の破れ」の認識論的意義
  • 坂田昌一研究室と素粒子論研究)
  • 特集2 『向井俊彦の探究』全三巻の検討(主体の学の探究に学ぶ-『向井俊彦の探究』全三巻の編集を終えて
  • 『向井俊彦の探究』が提起する論点)
  • 論文(佐田介石社会経済論における近代日本の構想
  • 人間の動物的自然本性とそれに限界づけられた理性および社会性 ほか)
  • 研究ノート(人間と自然の交流-マルクス哲学と知と情)
  • 書評(碓井敏正著『格差とイデオロギー』
  • 鳥畑与一著『略奪的金融の暴走-金融版新自由主義がもたらしたもの』 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ノーベル物理学賞受賞記念シンポジウム 素粒子論と唯物弁証法 : 唯物論と現代
著作者等 関西唯物論研究会
書名ヨミ ノーベルブツリガクショウジュショウキネンシンポジウムソリュウシロントユイブツベンショウホウ : ユイブツロントゲンダイ : 43
巻冊次 43
出版元 文理閣
刊行年月 2009.11.30
ページ数 145p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-89259-612-4
ISSN 09151974
NCID BB02581379
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想