フッサールとベルクソン : 生誕150年

哲学会;吉田 聡【編】

[目次]

  • 他者と時間-シュッツの他者論とフッサール、ベルクソン
  • ベルクソンとフッサール-現象主義の彼方で
  • フッサールとベルクソン-二つの「幾何学の起源」
  • 静的宗教と知性-知性・情動・良識
  • 虚構としての知覚-造形藝術をめぐるフッサールの分析
  • フッサール学問論の現代的射程-ベルクソンとの対比を軸に
  • 哲学会公募論文(美のポリティックス
  • 外的デノミナツィオ、主語内述語原理、内的変化、そして全般的交感)
  • 研究論文(実践的推論の結論は行為か-アリストテレスのいわゆる実践的推論について
  • レヴィナスにおける歴史批判と「歴史の彼方」)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フッサールとベルクソン : 生誕150年
著作者等 哲学会
吉田 聡
書名ヨミ フッサールトベルクソン : セイタンヒャクゴジュウネン
シリーズ名 哲学雑誌 第124巻 第796号
出版元 有斐閣
刊行年月 2009.10.10
ページ数 208p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-641-17364-4
ISSN 03873366
NCID BA91746418
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想