ニカメイガ

桐谷圭治, 田付貞洋 編

[目次]

  • プロローグ(ニカメイガの研究史)
  • 1 個体群動態と発生予察(発生予察と防除
  • イネの栽培体系と発生動態
  • 発生予察法の改善-フェロモントラップの利用
  • マコモ寄生とイネ寄生
  • 個体群動態-大発生と潜在的害虫化)
  • 2 IPMとその展開(天敵と生物的防除
  • 農薬に対する抵抗性
  • 性フェロモン-利用とその展望
  • イネの品種と耐虫性)
  • 3 生態現象の生理的機構(生活環の地理的変異
  • 食性からみた水稲との関係
  • 配偶行動と環境条件
  • 休眠と耐寒性
  • 幼虫休眠と内分泌制御)
  • エピローグ(未来に向けて)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ニカメイガ
著作者等 桐谷 圭治
田付 貞洋
書名ヨミ ニカメイガ : ニホン ノ オウヨウ コンチュウガク
書名別名 日本の応用昆虫学

Nikameiga
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2009.11
ページ数 290p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-13-076028-7
NCID BB00121323
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22602083
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想