東アジアの経済社会発展と格差問題 : 経済社会学会年報  31(2009)

経済社会学会【編】

[目次]

  • 第44回全国大会共通論題「東アジアの経済社会発展と格差問題」(アジアの経済発展と社会発展:「近代化の需給理論」序説
  • 近代化論の射程-国ごとの格差と国内の格差
  • 原田報告へのコメント ほか)
  • 記念講演 日中における経済成長と格差問題(要旨)
  • 特別講演 トヨタの中国戦略(要旨)
  • 準共通論題報告・自由論題報告(査読付論文)(非営利経済部門における組織原理の多様性と関係財
  • ドイツにおける高齢者生活保障と社会的市場経済-2000年代における政策展開の思想的背景の分析
  • ユビキタス社会における
  • 近世日本における消費と親密圏の変容-近代的自由(〜からの自由)の弁証法的展開
  • 近世日本における公観念の一考察-赤穂事件と儒学者の見解 ほか)
  • 準共通論題報告・自由論題報告(要旨)(ホルクハイマーのナチズム(国民社会主義)体制論-経済体制と社会統合
  • 立憲民主政における「いのち」の防禦-トマス主義自然法論の観点から
  • 格差・グローバル化と中国消費文化
  • 日系自動車メーカーの中国進出と生産ネットワーク ほか)
  • 自由投稿論文(査読付論文)(認知的に埋め込まれた能力評価-大卒事務系総合職の面接に着目して
  • 地縁から親縁へ-「互酬性」の展開による社会的ネットワークの再興
  • 消費社会と「差異化の進化」モデル
  • 和風消費を規定する価値要因の分析-グローバル化の中のローカル文化 ほか)
  • 書評(佐々木亘著『共同体と共同善-トマス・アクィナスの共同体論研究』
  • 田村正勝編著『ボランティア論-共生の理念と実践』)
  • 高田保馬賞関連報告(高田保馬本賞授賞について
  • 受賞講演 高田保馬先生の経済社会学を日本の格差社会問題に適用する試み
  • 高田保馬奨励賞選考過程について)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東アジアの経済社会発展と格差問題 : 経済社会学会年報
著作者等 経済社会学会
書名ヨミ ヒガシアジアノケイザイシャカイハッテントカクサモンダイ : ケイザイシャカイガッカイネンポウ : 2009
巻冊次 31(2009)
出版元 現代書館
刊行年月 2009.9.26
ページ数 241p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 978-4-7684-7088-6
NCID BA91458730
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想