特集・福祉国家・社会国家の思想 再訪 : 社会思想史研究  No.33(2009)

社会思想史学会【編】

[目次]

  • 論文(社会国家の思想的基盤-歴史への問い
  • 自由・人格・連帯-フランス第三共和政期社会思想の再解釈
  • ドイツ社会国家を形成した思想と現代
  • ベヴァリッジの貧困観と家族観-福祉国家理念の可能性
  • 家族・雇用・福祉国家-スウェーデンにおける制度形成と言説政治)
  • 公募論文(カント実践哲学における「幸福」概念の意義-「最高善」と「同時に義務である目的」
  • ウィリアム・モリス、アナーキズム、ユートピア-個と社会の融合を巡って
  • 世俗的言語への「翻訳」と民主主義-公共的理性と宗教の関連をめぐるハーバーマスの見解をめぐって
  • 価値多元論と世俗主義-サンデルとテイラーの比較を手がかりに)
  • 書評(『共同体と共同善-トマス・アクィナスの共同体論研究』(佐々木亘著)
  • 『マキァヴェリアン・モーメント-フィレンツェの政治思想と大西洋圏の共和主義の伝統』(J・G・A・ポーコック著、田中秀夫他訳)
  • 『国家・教会・自由-スピノザとホッブズの旧約テクスト解釈を巡る対抗』(福岡安都子著)
  • 『ジェイムズ・ステュアートとスコットランド-もうひとつの古典派経済学』(渡辺邦博著)
  • 『アダム・スミスの道徳哲学と言語論』(大島幸治著) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 特集・福祉国家・社会国家の思想 再訪 : 社会思想史研究
著作者等 社会思想史学会
書名ヨミ トクシュウフクシコッカシャカイコッカノシソウサイホウ : シャカイシソウシケンキュウ : 2009
巻冊次 No.33(2009)
出版元 藤原書店
刊行年月 2009.9.30
ページ数 248p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-89434-705-2
ISSN 03864510
NCID BA91467072
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想