ゴルフ公論 : 今だからこそ、日本のゴルフ界に。

川田 太三【著】

日本にゴルフが入ってきて100余年。プレーヤー、コース、用具など、様々に発展してきたが、一方で日本独自の道を歩んだ部分も少なくない。日本のゴルフと世界のゴルフの両方を見てきた著者ならではのゴルフ論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本文化に根ざしたキャディ事情
  • 伝統と格式を重んじる日本のゴルフ場
  • 「人間、文字ヲ識ルハ憂患ノ始メナリ」
  • 世界のゴルフ界を変えた米国のスカラーシップ制度
  • ないがしろにされた「耳と耳の間」
  • 気持ちが作る「シニアツアー」
  • "飛ばし"がゴルフの存続を脅かす!?
  • マスターズでプレー!に殺到する日本人の倫理観
  • 此比ゴルフニハヤル物
  • アマチュアゴルフはどこへ行く〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゴルフ公論 : 今だからこそ、日本のゴルフ界に。
著作者等 川田 太三
書名ヨミ ゴルフコウロン : イマダカラコソニホンノゴルフカイニ
出版元 日本文化出版
刊行年月 2009.10.20
ページ数 267p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 978-4-89084-170-7
NCID BB00345105
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想