特集 中世哲学 : 理想  No.683

[目次]

  • ギリシア哲学とキリスト教との出会い-ユスティノス『ユダヤ人トリュフォンとの対話』序文を読む
  • 教父哲学のアクチュアリティ-ギリシア教父とアウグスティヌスのフィロソフィア
  • アウグスティヌスの真理論
  • 隠れたるものの現れ-エリウゲナの物の見方
  • トマス・アクィナスにおける本質の構造-新たな普遍論に向けて
  • トマス・アクィナスにおける「性向としての徳」概念-自己否定を超えた自己肯定の基盤
  • ドイツ神秘主義思想からの照射
  • ドミニコ会士としてのマイスター・エックハルト
  • ニコラウス・クザーヌス
  • 中世哲学の総合者としてのライプニッツ-ratioとsignumをめぐって
  • 中世の論理学
  • 中世イスラームにおける「ギリシャ哲学者」の存在意義とは

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 特集 中世哲学 : 理想
書名ヨミ トクシュウチュウセイテツガク : リソウ : 683
巻冊次 No.683
出版元 理想社
刊行年月 2009.9.25
ページ数 178p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-650-00683-4
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想