図説 江戸料理事典

松下 幸子【著】

日本人の食の原点がここにある。すし、めん、さしみ、煮物、焼物、漬物、出汁(だし)、合せ酢などの調味料、豆腐や心太(ところてん)など加工食品からお菓子類まで。和の食文化が花開く江戸期のレシピ帖から約600種類を厳選解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 江戸時代の魚鳥野菜
  • めし類
  • すし類
  • めん類
  • 汁物類
  • なます・さしみ類
  • 煮物類
  • 焼物類
  • 寄物・蒸物・揚物類
  • 和物・浸物類
  • 漬物類
  • 加工食品類
  • 調味料類
  • 菓子類
  • 飲物類
  • 料理用語

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 図説 江戸料理事典
著作者等 松下 幸子
書名ヨミ ズセツエドリョウリジテン
出版元 柏書房
刊行年月 2009.9.15
版表示 新装版
ページ数 444p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-7601-3662-9
NCID BA91503981
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想