日本禁歌集の宇宙

記忘記同人 編

一九七〇年代初頭、硬骨のルポライター、竹中労によって制作された大衆芸能&音曲集、『日本禁歌集』。およそ四十年の時空を超えてまぼろしのアンソロジーが今再び甦る。「禁歌」…いにしえより市井で育まれた民衆芸能&庶民諸芸の元姿に想いを馳せながらこの国の"うた"の向かうべき行方を探る。日本大衆芸能史の過去・現在・未来を鋭く照射する画期的大衆文化論考集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • まえがき いまなぜ、「日本禁歌集」なのか
  • 『日本禁歌集』頌
  • 『日本禁歌集』に垣間見る芸能の始原
  • かっぽれ口上
  • 江戸前の粋き方-桜川ぴん助独演会のこと
  • 極寒の地に訪れた「春」の到来
  • 旦那と芸人の弁証法的関係の考察を中心に-「混民族連邦のゆめ」にむかって
  • 日本禁歌集に寄せて
  • 『波まくら博多淡海』を聴く
  • 竹中労さんの気配〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本禁歌集の宇宙
著作者等 記忘記同人
書名ヨミ ニホン キンカシュウ ノ ウチュウ
出版元 ビレッジプレス
メディア・ルネッサンス
刊行年月 2009.8
ページ数 188p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-89492-152-8
NCID BA91523333
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22328431
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想