「いのち」の教育

梶田 叡一【責任編集】;人間教育研究協議会【編】

「いのち」を粗末にする風潮を正したい。時を超えて受け継がれた「いのち」をもとに、他の「いのち」との食物連鎖の中で生きていることを実感したい。自己幻想からの脱却と「いのち」の多様性を理解したい。道徳教育や性教育での取り組み、阪神・淡路大震災の体験に基づく貴重な教育実践等を紹介。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 特集 「いのち」の教育(なぜ「いのち」の教育なのか-特集に寄せて
  • 自己幻想からの脱却と「いのち」の教育
  • 「いのちの多様性」への気づきと「自尊・自敬・自重」の心
  • 危機社会を生きる「いのち」の教育をいかに
  • 「いのち」の教育の実践のために-いのちの教育のカリキュラムに向けて
  • いのちの教育に学校でどう取り組むか
  • 「いのち」の教育の小学校での実践
  • 道徳教育における「いのち」の教育
  • 性教育を通じての「いのち」の教育
  • 「失われたいのち」と共に「いのち」を語り伝える
  • 「生と死」の教育の勧め)
  • 特別寄稿(運動への関心・意欲を高める指導について-小学校教員を目指す学生への指導から
  • 教師の本分(その2)
  • 学校教育の世界との関わりを顧みて(1))

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「いのち」の教育
著作者等 人間教育研究協議会
梶田 叡一
書名ヨミ イノチノキョウイク
シリーズ名 教育フォーラム 44
出版元 金子書房
刊行年月 2009.8.25
ページ数 175p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-7608-9794-0
NCID BA91082894
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想