東アジアの死者の行方と葬儀

諏訪 春雄;佐藤 弘夫;大久保 徹也;中込 睦子;勝田 至【ほか執筆】

「千の風になって」の大ヒットは偶然ではない。日本人の霊魂観や死者に対する考え方が見事に表現されているからである。日本人の死者はどこへゆくのか。中国や韓国の弔い方とどこが違うのか。日中韓の葬儀方式や死生観を比較検討した最先端の論考18本を収録。伝統習俗の継承と変化、新しい伝統の形成過程を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総論 東アジアの死者の行方と葬儀
  • 日本(死者は山に棲むか?
  • カミ・死者の不在と前方後円墳
  • 家と先祖
  • 日本中世の葬送
  • 蟹養斎の喪祭論にみえる死者の観念
  • 死への思いと葬祭業者
  • 風葬から火葬へ)
  • 韓国(韓国において「正しく」死者を送ること
  • 韓国シャーマンの死霊祭
  • 韓国キリスト教の死者儀礼
  • 現代韓国の葬儀事情)
  • 中国(「四海為家」と「入土為安」
  • 中国古代の魂のありか
  • 中国の死生観
  • 中国の民間信仰における冥界観
  • 道教における葬儀と死者の行方
  • 現代中国の葬儀)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東アジアの死者の行方と葬儀
著作者等 諏訪 春雄
中込 睦子
勝田 至
大久保 徹也
佐藤 弘夫
書名ヨミ ヒガシアジアノシシャノユクエトソウギ
シリーズ名 アジア遊学
出版元 勉誠出版
刊行年月 2009.7.30
ページ数 212p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-585-10421-6
NCID BA90946728
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想