社会学史研究  第31号

日本社会学史学会【編】

[目次]

  • 特集・20世紀アメリカ社会学における「個人化する社会」(ミードと個人主義再考
  • ゴッフマン理論における個人化
  • ネオ機能主義以後のアレクサンダー-個人化する社会に抗して)
  • 感覚の記憶と「内部‐外部」の境界-M・アルヴァックス音楽論からの示唆と展開
  • 初期シカゴ学派人種関係論の諸相-バークからジョンソン、フレイジャーへ
  • 疎外と欺瞞-アンリ・ルフェーヴルにみる弁証法的思考のモメント
  • 象徴的統制論における行為と構造

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会学史研究
著作者等 日本社会学史学会
書名ヨミ シャカイガクシケンキュウ : 31
巻冊次 第31号
出版元 いなほ書房
星雲社
刊行年月 2009.6.25
ページ数 118p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-434-13386-2
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想