人生がうまくいく「脳」の使いかた

斎藤 茂太【著】

「いい加減がいい発想を生む」、「心のゆとりが幸運を呼び寄せる」、「ピンチの時はがんばりすぎない」「長所をさがす人になる」「自分をほめることでステップアップする」。うまくいく自分に切り替えるためのモタさん流「脳」の使いかたで、あなたも生き方上手に。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 自分の「脳」を喜ばせるとうまくいく(「脳」は自分でおだてることができる!
  • 遊び感覚で「脳」を刺激する ほか)
  • 2章 よくなるイメージを習慣づければうまくいく(「病気」はひとつくらいあったほうがいい
  • 「辛い」をどんどんプラスにする ほか)
  • 3章 仕事は「がんばりすぎない」でうまくいく(「うつ」はきちんとケアする
  • 仕事ができる人は「上手に休める人」 ほか)
  • 4章 「発想」を変えればどんな人ともうまくいく(身近な人ほど「距離感」が大切
  • 「長所」を見つけるとうまくいく ほか)
  • 5章 うまくいく方法は日常にあふれている(「地面」を見ながら歩けばなにかが見つかる
  • うまくいくヒントは身近にある ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人生がうまくいく「脳」の使いかた
著作者等 斎藤 茂太
書名ヨミ ジンセイガウマクイクノウノツカイカタ
シリーズ名 文庫ぎんが堂
出版元 イースト・プレス
刊行年月 2009.8.11
ページ数 236p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 978-4-7816-7006-5
NCID BA91062558
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想