おかしな科学 : みんながはまる、いい話コワい話

渋谷研究所X, 菊池誠 著

マイナスイオン、波動、血液型性格判断、水道水害毒説、ゲーム脳、水からの伝言、シンクロニシティ-身の回りのニセ科学を徹底的に語る脱力系トークバトル。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 僕らは「おかしな科学」と暮らしている(マイナスイオンは「ま〜いいな」っす
  • 水が世界を救うのか? ほか)
  • 第2章 こんなところにもニセ科学(血液型でガタガタ言うな!
  • 波動です、はぁどうも ほか)
  • 第3章 思わず信じちゃう「いい話」「コワい話」(世界を天変地異が襲うのか?
  • 亀さんの怪しいニュービジネスを考える ほか)
  • 第4章 どうすればいいの?(不安な僕らは権威と二分法に弱い?
  • 素敵な話は疑いにくい ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 おかしな科学 : みんながはまる、いい話コワい話
著作者等 渋谷研究所X
菊池 誠
書名ヨミ オカシナ カガク : ミンナ ガ ハマル イイ ハナシ コワイ ハナシ
出版元 楽工社
刊行年月 2009.7
ページ数 269p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-903063-33-1
NCID BA90822215
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22219295
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想