真説アダム・スミス : その生涯と思想をたどる

バカン ジェイムズ【著】<Buchan James>;山岡 洋一【訳】

スミスは、「同感」と呼ぶものの作用が社会全体を導く基本的な原理だと考えていた。そして、この原理を社会の支配と法に適用しようとして、苦闘を続けた。我々の知らない本当のアダム・スミス。人間の本質について考え続けたその実像。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 父なき世界(一七二三〜一七四六年)
  • 第2章 洞窟、樹木、泉(一七四六〜一七五九年)
  • 第3章 ペン・ナイフと嗅ぎタバコ入れ(一七五九年)
  • 第4章 袋かつらの不信心者(一七五九〜一七七六年)
  • 第5章 果樹園の手長猿(一七七六年)
  • 第6章 決死の任務(一七七六〜一七九〇年)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 真説アダム・スミス : その生涯と思想をたどる
著作者等 Buchan, James
山岡 洋一
バカン ジェイムズ
書名ヨミ シンセツアダムスミス : ソノショウガイトシソウヲタドル
出版元 日経BP
日経BP出版センター
日経BP社
日経ビーピー
日経ビーピーシュッパンセンター
日経マグロウヒル
日経マグロウヒル社
刊行年月 2009.6.29
ページ数 229p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 978-4-8222-4749-2
NCID BA90617588
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想