被害者学研究  第19号

日本被害者学会【編】

[目次]

  • 巻頭言 犯罪被害者等にとって「黄金時代」か
  • 基調講演 被害者支援としての被害予防
  • 論説(刑事手続における被害者参加論-「三極モデル構造論」による被害者参加人制度への一考察
  • 被害者遺族が受ける報道被害と新聞記者の認識-配慮ある取材関係の構築に向けて ほか)
  • シリーズ・被害者学各論(第10回)少年犯罪の被害者
  • シリーズ・世界の被害者学(第15回)フランスの犯罪被害者政策の現在
  • 共同研究:犯罪被害者等基本計画の実施と今後の課題(共同研究の趣旨
  • 刑事訴訟法改正の内容と意義 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 被害者学研究
著作者等 日本被害者学会
書名ヨミ ヒガイシャガクケンキュウ : 19
巻冊次 第19号
出版元 成文堂
日本被害者学会
刊行年月 2009.3.20
ページ数 134p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 978-4-7923-1841-3
ISSN 09189025
NCID BA41893760
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想