東南アジア : 歴史と文化  38

東南アジア学会【編】

[目次]

  • 特別寄稿 スコータイを通過する「東西回廊」に関する覚え書き
  • 論文(人身抵当証文から見る19世紀ビルマの債務奴隷-サリン地方の事例
  • ベトナムの「民族法」の行方-「伝統文化」の保護から少数民族管理へ
  • 現代タイ上座部仏教における女性の沙弥尼出家と比丘尼受戒-理念のアピールと語られない現実 ほか)
  • 研究ノート プーム・キエン・ロミエト(カエト・トボーン・クモム)のハキーム任命騒動-プノム・ペン国立公文書館所蔵文書No.20811の分析
  • 研究展望 ベトナム北部の一括出土銭の調査-ベトナム中・近世貨幣流通の実態解明に向けて
  • 新刊書紹介(新江利彦著『ベトナムの少数民族定住政策史』
  • 中野聡著『歴史経験としてのアメリカ帝国-米比関係史の群像』
  • 桃木至朗編『海域アジア史研究入門』 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東南アジア : 歴史と文化
著作者等 東南アジア史学会
東南アジア学会
書名ヨミ トウナンアジア : レキシトブンカ : 38
巻冊次 38
出版元 山川出版社
刊行年月 2009.5.30
ページ数 281p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-634-68374-7
NCID BN02437639
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想