ちゃあちゃんと世界平和記念聖堂

にしもと みさこ【著】;かみつかさ えいしょう【絵】

広島市に「世界平和記念聖堂」という、キリスト教の教会があります。この聖堂は、第2次世界大戦中に広島で原子爆弾を被爆し、亡くなられた多くの方々の無念を思い、ドイツ人のラサール神父の熱意と人々の善意の結晶として建てられました。この建設の現場の責任者・実務者が、この本の著者「にしもとみさこさん」の父親です。戦後まもなく、資材が手に入りにくい時にこれを建設した父の「苦心」が、愛情とユーモアで描かれた書です。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ちゃあちゃんと世界平和記念聖堂
著作者等 西本 美紗子
かみつかさ えいしょう
上司 永照
にしもと みさこ
書名ヨミ チャアチャントセカイヘイワキネンセイドウ
出版元 らくだ出版
刊行年月 2009.6.5
ページ数 103p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-89777-478-7
NCID BA91046970
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想