波路かなた

晩豊彦 著

明治の中頃、紀州の寒村を発った男がカナダに渡り、サケの大群を見る。そして、後に続いた漁師達が一大漁業基地を作っていく。遠く異国で人種差別に苦しみ、戦時中には無一文になっても、人々は逞しく生き、カナダの日系人社会の中枢となっていく。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 波路かなた
著作者等 晩 豊彦
書名ヨミ ナミジ カナタ : タイヘイヨウ オ マタ ニ カケタ ギョミンタチ
書名別名 太平洋をまたにかけた漁民達
出版元 文芸書房
刊行年月 2009.5
ページ数 277p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-89477-320-2
全国書誌番号
22641993
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想