外食新メニュー実用百科 プロ志向を究めるメニュー開発入門 基本60項

押野見 喜八郎【著】

メニュー開発とは(メニュー開発の意義と重要性-なぜメニュー開発が必要なのか;メニュー開発と料理開発の相違-マーケットインとプロダクトアウト ほか);メニュー開発の手順(自店のポジショニングを知る-基本の方向性を明確にする;基本属性とラフデザイン-狙い通りの成果を上げるためのステップ ほか);嗜好トレンドビッグ10(グレージング-いろいろなものを少しずつのぜいたくメニュー;エクレクティック-折衷志向、雑食・混食・フュージョン志向 ほか);売り方工夫で作るヒットメニュー(間口を広げる「相乗り」メニュー-主役が2人で強力メニュー;あこがれグルメでアイキャッチ-グルメ派食材でポピュラーメニューをグレードアップ ほか);目的別メニュー開発の技術(看板メニューの作り方-こだわりメニューでお客を呼ぶ;話題作りのメニュー開発-キーワードは「遊食」・新しい味の世界を創造する ほか);マネジメントの基本10項(午前4時と午後6時の商品-受け手で変わる流行商品の評価;機能別商品群の管理-7つの商品群で売上げを作る ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 外食新メニュー実用百科 プロ志向を究めるメニュー開発入門 基本60項
著作者等 押野見 喜八郎
書名ヨミ ガイショクシンメニュージツヨウヒャッカプロシコウヲキワメルメニューカイハツニュウモンキホンロクジュッコウ
出版元 日本食糧新聞
日本食糧新聞社
刊行年月 2009.4.20
ページ数 137p
大きさ 30cm(A4)
ISBN 978-4-88927-159-1
NCID BB2069510X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想