発明の本質的部分の保護の適否 : 日本工業所有権法学会年報  第32号

日本工業所有権法学会【編】

[目次]

  • 1 研究報告(医薬品アクセス問題と公共の利益のための強制実施権
  • 商標権の保護範囲と商標の機能-欧州における並行輸入に関する議論を参考として)
  • 2 シンポジウム 発明の本質的部分の保護の適否-均等・消尽・間接侵害の成否の場面を中心に(特許法における発明の「本質的部分」という発想の意義
  • 発明の技術思想に着目した統一的な侵害判断基準構築の模索
  • 発明の本質的部分-独占権と「等価交換」したもの ほか)
  • 3 質疑応答
  • 4 論説(消尽論において特許発明の本質的部分を論じることの意味
  • 特許法における「発明の本質的部分」の概念の導入の是非について
  • 間接侵害の限界と競争政策)
  • 5 その他

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 発明の本質的部分の保護の適否 : 日本工業所有権法学会年報
著作者等 日本工業所有権法学会
書名ヨミ ハツメイノホンシツテキブブンノホゴノテキヒ : ニホンコウギョウショユウケンホウガッカイネンポウ : 32
巻冊次 第32号
出版元 有斐閣
刊行年月 2009.5.30
ページ数 279p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-641-29903-0
NCID BA90178998
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想