岐路に立つ情報セキュリティ対策:求められるIT活用との両立 : 情報セキュリティ白書  2009

情報処理推進機構(IPA)【著】

[目次]

  • 第1部 情報セキュリティの概況と分析(2008年度の情報セキュリティの概況(トピックス10)
  • 情報セキュリティ対策の実態
  • 情報セキュリティを支える基盤(法制度、人材、技術・標準の動向)
  • 情報セキュリティ産業の動向
  • 個別テーマ)
  • 第2部 10大脅威攻撃手法の『多様化』が進む(組織への脅威
  • 利用者への脅威
  • システム管理者・開発者への脅威)
  • 付録 資料・ツール(2008年のコンピュータウイルス届出状況(2008年1月〜12月)
  • 2008年のコンピュータ不正アクセス届出状況(2008年1月〜12月)
  • ソフトウェア等の脆弱性関連情報に関する届出状況 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 岐路に立つ情報セキュリティ対策:求められるIT活用との両立 : 情報セキュリティ白書
著作者等 情報処理推進機構
書名ヨミ キロニタツジョウホウセキュリティタイサクモトメラレルアイティーカツヨウトノリョウリツ : ジョウホウセキュリティハクショ : 2009
巻冊次 2009
出版元 毎日コミュニケーションズ
刊行年月 2009.5.25
ページ数 191p
大きさ 30cm(A4)
ISBN 978-4-8399-3240-4
NCID BA90568063
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想