小児神経学の進歩  第38集

日本小児神経学会教育委員会【編】

卒後3〜5年後の小児神経学を志向する医師を主たる対象としたセミナー。「目で見る小児神経」をメインテーマとした。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目で見る小児神経(奇形症候群の診断
  • 骨系統疾患のX線
  • 発達障害-特に鑑別診断について
  • 不随意運動
  • 目で見て解る小児脳神経外科的疾患
  • 脳性麻痺
  • てんかん症候群の治療
  • 小児における光脳機能イメージング
  • 目で見るミトコンドリア異常症-臨床的多様性、診断、分子病態から治療法開発まで)
  • Clinical Conference(C.C.)(便秘で発症し、急速に呼吸不全を呈した1例)
  • Clinical Pathological Conference(C.P.C.)(重度の発達遅延を示し突然の転帰で死亡した重症心身障害者)
  • 小児神経学-最近の話題(新生児神経学
  • 先天異常
  • 炎症性疾患
  • 発作性疾患
  • 変性・代謝性疾患
  • 神経・筋疾患
  • 発達障害(発達診断、CPなど、精神発達遅滞、心身症、社会医学
  • 小児脳神経外科))

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 小児神経学の進歩
著作者等 日本小児神経学会
日本小児神経学会卒後教育委員会
日本小児神経学研究会
日本小児神経学会教育委員会
書名ヨミ ショウニシンケイガクノシンポ : 38
巻冊次 第38集
出版元 診断と治療社
刊行年月 2009.5.25
ページ数 136p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 978-4-7878-1690-0
NCID BN01191318
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想