変容する大学像

日本高等教育学会研究紀要編集委員会【編】

[目次]

  • 特集 変容する大学像(日本の大学組織-構造・機能と変容に関する定量分析
  • 大学の変容-供給構造と資金配分の変動がもたらしたもの
  • 日本の高等教育をめぐるマクロ財政フローの分析
  • 臨時教育審議会以降の大学教員の構造と機能の変容-教育・研究活動を中心として
  • 変容する大学とこれからの職員 ほか)
  • 論稿(「証拠に基づく政策」はいかにして可能か?-教員需要推計の事後検証をもととして
  • 高大接続情報を踏まえた「大学教育効果」の測定-潜在クラス分析を用いた追跡調査モデルの提案
  • 編入学制度が学生にもたらすインパクト-編入学・転学者の進路選択構造と適応に着目して
  • 大学の教科書の研究-標準性に注目して)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 変容する大学像
著作者等 日本高等教育学会
日本高等教育学会研究紀要編集委員会
書名ヨミ ヘンヨウスルダイガクゾウ
シリーズ名 高等教育研究 第12集
出版元 玉川大学出版部
刊行年月 2009.5.23
ページ数 269p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-472-18039-2
ISSN 13440063
NCID BA90103616
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想