企業システム・企業法制の変化と労働法

日本労働法学会【編】

2008年10月に東洋大学で開催された116回大会におけるシンポジウム報告を中心に構成。回顧と展望では、以前から存在していたが近年にわかに注目を集めるようになった、いわば「古くて新しい問題」(管理監督者等)を含む判例を中心に扱っている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 報告(シンポジウムの趣旨と構成
  • 企業組織・企業法制の変化と解雇法制-親子会社事案を中心に
  • 企業再編と労働法
  • 物言う株主時代の労働者保護法理-投資ファンド買収の問題を中心に ほか)
  • 回顧と展望(いわゆる名ばかり管理職の労働時間規制の適用除外-日本マクドナルド事件・東京地判平20・1・28労判953号10頁
  • 男女別コース制の下での男女別賃金制度の違法性-兼松(男女差別)事件・東京高判平20・1・31労判959号85頁
  • 年俸制における評価等決定権限と労基法15条および89条の「趣旨」-日本システム開発研究所事件・東京高判平20・4・9労判959号6頁
  • 偽装請負・違法派遣における労働契約の帰趨-松下プラズマディスプレイ(パスコ)事件・大阪高判平20・4・25労判960号5頁)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 企業システム・企業法制の変化と労働法
著作者等 日本労働法学会
書名ヨミ キギョウシステムキギョウホウセイノヘンカトロウドウホウ
出版元 日本労働法学会
法律文化社
刊行年月 2009.5.20
ページ数 195p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-589-03173-0
ISSN 03860639
NCID BA89925855
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想