鎌倉の橋と路 : 中世鎌倉の史跡を歩く

大西 清治【著】

鎌倉の歴史とは、路から、そして橋から生まれたといっても過言ではない。長年橋造りに携わってきた著者が、専門的な観点から、そして、自ら足を運び踏みしめた等身大の視点から、歴史に橋を架ける。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 中世の橋と鎌倉(中世の橋
  • 鎌倉の橋)
  • 第2編 鎌倉の路と切通(鎌倉の路
  • 鎌倉の切通)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鎌倉の橋と路 : 中世鎌倉の史跡を歩く
著作者等 大西 清治
書名ヨミ カマクラノハシトミチ : チュウセイカマクラノシセキヲアルク
出版元 かまくら春秋社
刊行年月 2009.4.28
ページ数 166p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 978-4-7740-0433-4
NCID BA9071666X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想