自生発刃形研削技術の加工精度限界と超精密研削技術への道

宮下 政和【著】

[目次]

  • 精密研削技術の何が問題か?
  • 脆性材料としての研削砥石
  • 砥石の損耗形態と砥粒切れ刃の創成
  • 砥石の損耗形態と研削作用-砥石切り込み操作形研削方式と研削力操作形研削方式
  • 砥粒切れ刃から見た研削特性-脆性破壊形ドレッシングの場合
  • ツルーイング/ドレッシング工具の現状とこれを用いた研削加工の限界
  • 延性モードツルーイングの導入-超精密研削への道
  • 超精密研削加工の基礎とその特性
  • 超精密大量生産研削加工システムの試み-フェルールの超精密心なし研削加工
  • 超精密大量生産研削加工の事例が示す超精密研削と特性-超精密・高剛性心なし研削盤による研削事例
  • 精密研削加工における生産性の課題
  • 研削精度と生産性を支配する研削盤の剛性とは
  • 自励びびり振動は何故生ずるか
  • 砥石再生形自励びびり振動根の解析解と振動抑制対策
  • 超砥粒ホイールによる高速研削の生産性と工作物再生形自励びびり振動発生条件の検討-動力学的モデルに基く推論
  • 超精密研削加工における因果律向上への期待

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自生発刃形研削技術の加工精度限界と超精密研削技術への道
著作者等 宮下 政和
書名ヨミ ジセイハツジンガタケンサクギジュツノカコウセイドゲンカイトチョウセイミツケンサクギジュツヘノミチ
出版元 ナノテック研究所
刊行年月 2006.9.15
ページ数 292p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 978-4-339-08394-1
NCID BA91702751
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想