古代に真実を求めて : 古田史学論集  第12集

古田史学の会【編】

[目次]

  • 1 特別掲載(講演記録・九州王朝論の独創と孤立について)
  • 2 研究論文(生涯最後の実験
  • 真実の「アイヌ人・アイヌ語」-東北地方にアイヌ語は存在しなかった
  • よみがえる倭京-観世音寺と水城の証言
  • 前期難波宮は九州王朝の副都-ホームページ・古賀事務局長の洛中洛外日記より
  • 「白村江」後の倭の防衛戦略-大宰府羅城の考察
  • 不破道を塞げ 二-瀬田観音と内裏攻め
  • 太宰府政庁跡遺構の概略
  • 「持統紀」はなかった ほか)
  • 3 付録-会則/原稿募集要項/他

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古代に真実を求めて : 古田史学論集
著作者等 古田史学の会
書名ヨミ コダイニシンジツヲモトメテ : フルタシガクロンシュウ : 12
巻冊次 第12集
出版元 明石書店
刊行年月 2009.3.25
ページ数 255p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-7503-2956-7
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想