津軽のやわら : 本覚克己流を読む

太田 尚充【著】

[目次]

  • 第1章 本覚克己流和のあらまし(この和術はいつ頃成立したのか
  • この和術の技はどのような過程で出来たのかまたその技の体系など ほか)
  • 第2章 本覚克己流和 伝書編(弘前図書館所蔵の伝書(巻子本の部
  • 冊子本の部)
  • 添田家所蔵の伝書(本覚克己流和極意・責具足の段-巻子本
  • 本覚克己流和至極・印可の巻-巻子本 ほか)
  • 戸田家所蔵の伝書(本覚克己流和供物の巻-巻子本
  • 表題不詳-巻子本 ほか))

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 津軽のやわら : 本覚克己流を読む
著作者等 太田 尚充
書名ヨミ ツガルノヤワラ : ホンガクコッキリュウヲヨム
シリーズ名 水星舎新書
出版元 水星舎
刊行年月 2009.4.1
ページ数 350p
大きさ 18×11cm
ISBN 978-4-87608-158-5
NCID BA90449698
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想