音韻研究  2009(第12号)

日本音韻論学会【編】

[目次]

  • Representing Labials and Velars:a Single `Dark' Element
  • 音韻対立点の左側環境による検索範囲の縮小を考慮した機能負担量の指標
  • デンマーク語派生形態論における強勢移動
  • 「空耳アワー」のメカニズムと語彙認識
  • 現代日本語における母音連続の回避
  • 摩擦音の促音知覚における摩擦周波数特性の影響
  • Statistical Information in Phonological Acquisition:Correlations between Phoneme Distribution and Markedness
  • Mandarin Loanwords in Yanbian Korean I:Laryngeal Features
  • Duration of s‐clusters Produced by Korean Learners and Native Speakers of English
  • Frequency Effects on Bracketing Paradoxes in English Derivation
  • 知覚実験制御や最適性理論のランキングチェックにPraatを使う方法
  • 全羅道方言から見た韓国語のアクセント変化について
  • The Nature of Japanese Pitch Accent:An Experimental Study
  • A Temporal Study of English Syllables as Produced by the Japanese
  • Optimality Theory and Exemplar Theory

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 音韻研究
著作者等 日本音韻論学会
書名ヨミ オンインケンキュウ : 12
巻冊次 2009(第12号)
出版元 開拓社
刊行年月 2009.3.31
ページ数 135p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 978-4-7589-2012-4
NCID BA3621745X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想