太極拳理論の要諦 : 王宗岳と武禹襄の理論文章を学ぶ

銭 育才【著】《ツィエン ユイツァイ》

一生懸命に体を動かすだけでは太極拳の真の上達は望めない。極意へと至るプロセスを理解しなければ、必ず遠回りすることになる。わずか数百字の経典に秘められた太極拳の極意とは?実践した者だけがたどり着くもうひとつの世界-この一冊であなたの太極拳が変わる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 総論(本書の趣旨、範疇、読み方
  • 予備知識も重要
  • 読者のご協力を請う ほか)
  • 第2部 経典を学ぶ(経典自身とその作者
  • 王宗岳の"太極拳論"
  • "太極拳論"について ほか)
  • 第3部 各論(準備運動
  • 予備勢
  • 放鬆 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 太極拳理論の要諦 : 王宗岳と武禹襄の理論文章を学ぶ
著作者等 銭 育才
書名ヨミ タイキョクケンリロンノヨウテイ : オウシュウガクトブウジョウノリロンブンショウヲマナブ
出版元 福昌堂
刊行年月 2009.4.10
ページ数 301p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-89224-046-1
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想