公開シンポジウム報告:高等教育ラーニングアウトカムの質保証 : 比較教育学研究  38

日本比較教育学会【編】

[目次]

  • 論文(米国No Child Left Behind法下の学力政策をめぐる学区の葛藤-ワシントン州シアトル学区を事例に
  • ドイツにおける「教師の教育上の自由」論の現状-J.ルクスとH.ビスマンによる2つの新たな理論 ほか)
  • 大会報告 公開シンポジウム:高等教育ラーニングアウトカムの質保証(高等教育ラーニングアウトカムの測定をめぐる国際動向-第44回大会公開シンポジウムの企画趣旨と概要
  • アウトカム重視の高等教育改革の国際的動向-「学士力」提案の意義と背景 ほか)
  • 書評(畠博之著『ネパールの非抑圧者集団の教育問題-タライ地方のダリットとエスニック・マイノリティ集団の学習阻害/促進要因をめぐって』
  • 澤村信英著『アフリカの教育開発と国際協力』 ほか)
  • 文献紹介(泉千勢・一見真理子・汐見稔幸編著『世界の幼児教育・保育改革と学力』
  • 岡田亜弥・山田肖子・吉田和浩編著『産業スキルディベロプメント-グローバル化と途上国の人材育成』 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 公開シンポジウム報告:高等教育ラーニングアウトカムの質保証 : 比較教育学研究
著作者等 日本比較教育学会
日本比較教育学会紀要編集委員会
書名ヨミ コウカイシンポジウムホウコクコウトウキョウイクラーニングアウトカムノシツホショウ : ヒカクキョウイクガクケンキュウ : 38
巻冊次 38
出版元 東信堂
刊行年月 2009.2.27
ページ数 204p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-88713-900-8
ISSN 09166785
NCID BB00777653
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想