民事司法過程の法社会学

日本法社会学会【編】

[目次]

  • 全体シンポジウム「民事司法過程の法社会学」(民事司法過程の法社会学-企画趣旨説明
  • 「民事訴訟利用者調査」とその継続調査-政策へのフィードバックを中心に ほか)
  • 企画委員会シンポジウム1「民事分野における依頼者・弁護士関係の実態と弁護士倫理」(民事分野における依頼者・弁護士関係の実態と弁護士倫理-オーガナイザーからのコメント
  • ビジネス・ローヤリングにおける依頼者・弁護士関係の実態と弁護士倫理 ほか)
  • 企業委員会シンポジウム2「法とのファースト・コンタクト」(人はいかに法と出会うか-規範の構造と伝達の観点から
  • 紛争当事者と弁護士との接触初期段階の一場面-危機的な対立と「聴く」実践 ほか)
  • 論説(ドゥルシラ・コーネルによる中絶権と「イマジナリーな領域」の可能性
  • アイデンティティと権利運動-合衆国の同性愛者をめぐって)
  • 世界の学界動向(法と社会学会のコラボレイティヴ・リサーチ・ネットワーク33について)
  • 書評(藤田政博著『司法への市民参加の可能性-日本の陪審制度・裁判員制度の実証的研究-』
  • 原田綾子著『「虐待大国」アメリカの苦闘-児童虐待防止への取組みと家族福祉政策-』 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 民事司法過程の法社会学
著作者等 日本法社会学会
書名ヨミ ミンジシホウカテイノホウシャカイガク
シリーズ名 法社会学 第70号(2009年)
出版元 有斐閣
刊行年月 2009.3.16
ページ数 318p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-641-12535-3
ISSN 04376161
NCID BA89537674
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想