絶望男 : 46歳、ニート、障がい者の人生

白井 勝美【著】

今は亡き父、障害を持つ母、そして本書の制作中、弟は癌を宣告された。それでも彼は今日も生きている。46歳、ニートの障がい者が初めて書き下ろす魂の記録。白井勝美vs雨宮処凛(作家・「週刊金曜日」編集委員)対談収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 絶望男の絶望人生(父親からの旅立ち
  • そこにいる
  • 母の生き方
  • 前歯
  • 孤独
  • 素直になれたら
  • 絶望の根っこ
  • 学歴
  • 昼夜逆転
  • 人から逃げよう
  • 生きる証
  • 願わくば
  • 家族と孤独
  • 真実はどこに
  • 心の病
  • 同志
  • 罪悪感
  • 狂気)
  • こんな俺でも元気に生きている
  • 絶望男、希望を語る(対談・白井勝美vs雨宮処凛)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 絶望男 : 46歳、ニート、障がい者の人生
著作者等 白井 勝美
書名ヨミ ゼツボウオトコ : ヨンジュウロクサイニートショウガイシャノジンセイ
出版元 ティー・オーエンタテインメント
刊行年月 2008.1.31
ページ数 157p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 978-4-904376-03-4
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想