人間性なき医学 : ナチスと人体実験

ミッチャーリッヒ アレキサンダー<Mitscherlich Alexander>;ミールケ フレート【編・解訳】<Mielke Fred>;金森 誠也;安藤 勉【訳】

心理学者が分析する医師たちの心の闇と医療犯罪の原点。安楽死・大量継種と不妊・骨移植・発疹チフス接種・長時間冷却…悪の限りを尽くしたナチスの人体実験に医療犯罪の原点を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 低圧・低温実験
  • 第2章 海水を飲料水にする実験
  • 第3章 発疹チフス接種実験と伝染性肝炎ウイルス研究
  • 第4章 スルフォンアミド実験と骨移植実験
  • 第5章 毒ガス(イペリットとフォスゲン)実験
  • 第6章 ストラスブール国立大学によるユダヤ人の頭蓋骨収集
  • 第7章 安楽死プログラム-不要民族の絶滅

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人間性なき医学 : ナチスと人体実験
著作者等 Mielke Fred
Mitscherlich Alexander
ミールケ フレート
安藤 勉
金森 誠也
ミッチャーリッヒ アレキサンダー
書名ヨミ ニンゲンセイナキイガク : ナチストジンタイジッケン
出版元 ビイング・ネット・プレス
刊行年月 2001.5.1
ページ数 337p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 978-4-904117-33-0
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想