食品企業の事故対応マニュアル作成のための手引き

[目次]

  • 第1章 企業にとってのリスク管理の重要性(基本的な考え方
  • 食品企業にとって考えられるリスクの例
  • リスクへの対応)
  • 第2章 食品事故の防止とその対策(基本的な考え方
  • 企業における食品事故防止対策)
  • 第3章 食品事故の拡大防止と発生時の対応(基本的な考え方
  • 平常時における対応
  • 事故発生時の初期対応
  • 重大な食品事故が生じた際の対応
  • 危機収束段階の活動)
  • 第4章 参考資料(食品への意図的な異物混入対策チェック項目(例)
  • 社告事例
  • 社告掲載項目
  • 社告費用について
  • 製品回収制度について
  • 関連する法律・条例等
  • 食の安全に関する条例(食の安全全般に関するもの))

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 食品企業の事故対応マニュアル作成のための手引き
書名ヨミ ショクヒンキギョウノジコタイオウマニュアルサクセイノタメノテビキ
出版元 食品産業センター
刊行年月 2009.1.20
版表示 改訂版
ページ数 92p
大きさ 30cm(A4)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想