動物と子どもの関係学 : 発達心理からみた動物の意味

メルスン ゲイル・F.【著】<Melson Gail F.>;横山 章光;加藤 謙介【監訳】

動物がそばにいると子どものこころに何が起こるのか。ペット飼育・絆・教育・セラピー・虐待などのテーマを、発達心理学・精神分析学・社会学など多方面から見ることで、動物と子どもの全体像が解き明かされる。教師・親・カウンセラーに知ってほしい重要性と問題点。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章
  • 第1章 子ども研究と動物
  • 第2章 越えて通じ合うこと
  • 第3章 動物への愛情
  • 第4章 動物から学ぶこと
  • 第5章 癒しの舌
  • 第6章 動物としての自分
  • 第7章 犠牲者と対象
  • 第8章 動物との関係を深める

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 動物と子どもの関係学 : 発達心理からみた動物の意味
著作者等 Melson Gail F.
加藤 謙介
横山 章光
メルスン ゲイル・F.
書名ヨミ ドウブツトコドモノカンケイガク : ハッタツシンリカラミタドウブツノイミ
出版元 ビイング・ネット・プレス
刊行年月 2007.10.10
ページ数 323,34p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 978-4-904117-28-6
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想