Annual Review呼吸器  2009

工藤 翔二;土屋 了介;金沢 実;大田 健【編】

「呼吸器系の生物学」と「疾患の病因と病態」に関する最新の知見と、「診断の進歩」と「治療の進歩」という新しい応用分野について、37編の論文に編纂。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 呼吸器系の生物学(気管支喘息とGタンパク質共役型受容体
  • 抗酸化遺伝子 ほか)
  • 2 疾患の病因と病態(気道過敏性の構成要素
  • 喘息とCD8+T細胞 ほか)
  • 3 診断の進歩(成人の百日咳診断
  • VNTR型別解析法とMAC症の病態解析 ほか)
  • 4 治療の進歩(インフルエンザ感染における炎症制御
  • 人工呼吸器関連肺炎(VAP) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 Annual Review呼吸器
著作者等 太田 保世
工藤 翔二
永井 厚志
大田 健
金沢 実
土屋 了介
書名ヨミ ANNUAL REVIEWコキュウキ : 2009
巻冊次 2009
出版元 中外医学社
刊行年月 2009.1.30
ページ数 296p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 978-4-498-03186-9
NCID BN0298410X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想