ヘンリー、人を癒す : 心の扉を開けるセラピー犬

山本 央子【著】

シェルター(飼い主のいない動物の収容所)に保護されていた野良犬と、ニューヨークで暮らす日本人女性との出会い。厳しいしつけと不服従、公園での批判や孤立。苦しくつらい道を経て、ヘンリーを誰からも愛される犬に育て上げる筆者。思いもよらずセラピー犬へと成長したヘンリーとともにはじめたボランティア活動が、さまざまな出会い、人間の心が作り出す可能性、動物の存在がもたらす恩恵のすばらしさを、教えてくれる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 出会い
  • 2 ヘンリーの訓練
  • 3 ボランティア志願
  • 4 いよいよ訪問活動
  • 5 ウィー・ラブ・ヘンリー
  • 6 課外活動
  • 7 アニマル・セラピーを支える人たち

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヘンリー、人を癒す : 心の扉を開けるセラピー犬
著作者等 山本 央子
書名ヨミ ヘンリーヒトヲイヤス : ココロノトビラヲアケルセラピーケン
出版元 ビイング・ネット・プレス
刊行年月 2007.11.11
ページ数 277p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 978-4-904117-29-3
NCID BA83895070
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想