比較文學研究  第92号

東大比較文學会【編】

[目次]

  • 特輯 横光利一(1926年日本、文学と映画との遭遇
  • 「微笑」ノート-横光利一と『少年ケニヤ』の時代
  • 『旅愁』試論-「近代の超克」としての建築
  • 漢字圏文脈のモダニズム文学-近代修辞批評の系譜における横光利一の批評理論について)
  • 『ル・パンプル(葡萄の枝)』誌とルネ・モーブラン-戦禍の街ランス1920年代の日本詩歌受容と「ル・グラン・ジュウ」の胎動(下)
  • 淺野晃の岡倉天心論-「日本浪曼派の周辺者」による批評
  • いま<世界文学>は可能か?-「全球化」のなかで21世紀の比較文学の現在を問う
  • 円熟期の島田謹二教授-書誌の側面から(9)
  • 書評
  • 展覧会カタログ評
  • Le Rond‐Point

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 比較文學研究
著作者等 東大比較文學會
東大比較文學会
書名ヨミ ヒカクブンガクケンキュウ : 92
巻冊次 第92号
出版元 すずさわ書店
刊行年月 2008.11.30
ページ数 183,9p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-7954-0266-9
NCID BA89194002
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想