歴史のなかの国家と宗教

比較法史学会【編】

[目次]

  • 多神教ヨーロッパと法
  • 「…それは彼がバラを摘むことのできる野ではなかった…」のか?-一七八九年以後の法律学的‐哲学的基礎論へのグスタフ=フーゴーの寄与
  • 鉄幹と閔后暗殺事件-明星ロマン主義のアポリア
  • 超民族的コスモポリタン原理としてのフランス国民国家(ネイション・ステイト)思想-多民族大陸国家フランスの国家と国民の形成
  • 学会動向 法隆寺五題-大山誠一編『聖徳太子の真実』を駁す
  • 一四‐一六世紀初めにおけるアムステルダム市政制度の発展
  • 土地「利用」と「近代」パラダイム-信託受益権性質論をもとに
  • 現代カノニスティックの一側面-法の比較文明史に寄せて
  • 政治と言語文化-政治の次元におけるポエジー
  • 書評 内田樹『私家版・ユダヤ文化論』
  • 架け橋としての西田哲学-李登輝先生への手紙
  • Nishida Philosophy as a Bridge-Letter to Lee Tenghui

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歴史のなかの国家と宗教
著作者等 比較法史学会
書名ヨミ レキシノナカノコッカトシュウキョウ
シリーズ名 思想・制度・社会 16
Historia Juris比較法史研究 16
出版元 未来社
比較法制研究所
刊行年月 2008.11.20
ページ数 330p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-624-01178-9
NCID BA87949932
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想