特集 不動産鑑定はどこまで来たか、そして明日はあるか?(下) : Evaluation  2008 NO31

[目次]

  • 家賃は横這いなのに不動産証券は乱高下-収益価格はどこに行ったのか
  • 特集 不動産鑑定はどこまで来たか、そして明日はあるか?(下)(取引事例比較法の技術的課題-それでも鑑定制度は動いいている
  • 公的土地評価におけるいくつかの創意・工夫
  • 不動産鑑定業の今後の方向性について
  • 画地評価の複雑さ
  • 判例に見る不動産鑑定評価の正念場
  • 不動産が一物一価でないことを、いかに捉え、いかに説明するか
  • 鑑定評価を楽しもう!
  • 「鑑定」と「評価」をめぐって
  • 不動産鑑定士の今日的役割-「災害復興まちづくり支援機構」に参加して
  • 不動産鑑定の損失補償事務への導入)
  • ヘドニック・アプローチによる持ち家の評価
  • 地方都市における"まちなか居住促進"の事例調査より-高齢者向けマンションを中心に
  • 鑑定雑感=愚か者と軋み合わない世の中

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 特集 不動産鑑定はどこまで来たか、そして明日はあるか?(下) : Evaluation
書名ヨミ トクシュウフドウサンカンテイハドコマデキタカソシテアスハアルカゲ : EVALUATION : 31
巻冊次 2008 NO31
出版元 プログレス
刊行年月 2008.11.15
ページ数 96p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 978-4-901431-72-9
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想