中国地方の工場立地 130年の歩み

(社)中国地方総合研究センターが『創立60周年記念事業』として、明治以降の中国地方産業発展史をとりまとめた。産業史・地域史の研究、産業計画・地域計画の策定、中・高等教育機関等における参考資料として活用できる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 戦前・戦中期(近代工業の移植(明治10年代)
  • 近代工業の展開と軍事工業の拠点形成(明治20〜40年頃)
  • 重化学工業の立地と拠点の形成(明治末〜昭和15年頃)
  • 戦時体制下の工場拡散と臨海工業基地の形成(昭和16〜20年))
  • 第2部 戦後期(旧軍事工業拠点への重化学工業進出と近代化投資(昭和20年代)
  • 高度成長期における自立的発展の基本的枠組み形成(昭和30〜40年代))
  • 補論 工業地域の拡大と新たな集積拠点の形成(昭和50年代以後)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国地方の工場立地 130年の歩み
書名ヨミ チュウゴクチホウノコウジョウリッチヒャクサンジュウネンノアユミ
出版元 中国地方総合研究センター
刊行年月 2008.8
ページ数 299,40,16p
大きさ 26cm(B5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想