王朝の香り : 現代の源氏物語絵 源氏物語をめぐる54のエッセイ

京都書院編集室【編】

『源氏物語』54帖に因み、現代京都画壇を代表する日本画家54名と各界の識者54名が絵画とエッセイで織なす絵物語。「現代の源氏物語絵」は第1帖「桐壷」から第54帖「夢浮橋」までの各帖をテーマに、新たな源氏物語への情熱を、細やかな筆致で表現した秀逸の作品群。「源氏物語をめぐる54のエッセイ」では味わい深い文章が、さまざまな源氏物語への思いを語り、現代人の心の断面を覗かせてくれるエッセイ集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 現代の源氏物語絵(第一帖 桐壷(水田慶泉)
  • 第二帖 帚木(石川義)
  • 第三帖 空蝉(広田多津)
  • 第四帖 夕顔(磯田又一郎) ほか)
  • 源氏物語をめぐる54のエッセイ(王朝の香り、源氏の香り(熊井明子)
  • 王朝の美人論(井上章一)
  • 宮廷女性の美容術(槇佐知子)
  • 王朝の紙(近藤富枝) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 王朝の香り : 現代の源氏物語絵 源氏物語をめぐる54のエッセイ
著作者等 京都書院編集室
書名ヨミ オウチョウノカオリ : ゲンダイノゲンジモノガタリエゲンジモノガタリヲメグルゴジュウヨンノエッセイ
シリーズ名 京都書院アーツコレクション
出版元 京都書院
宮帯出版社
刊行年月 1997.6.15
ページ数 323p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 978-4-86350-296-3
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想