奈良絵本  下

工藤 早弓【著】

室町時代半ば頃から江戸時代の前半にかけて、お伽草子などの物語に挿絵をつけた絵入写本が多く作られた。冊子や絵巻も含めて「奈良絵本」と呼ばれるものである。物語の内容を補うための、素朴な温もりのある画風のものにはじまった「奈良絵本」は、やがて、プロの絵師による、金彩を施し細密華麗な筆致で描かれた装飾的なものをも生み出していく。登場人物が生き生きと描かれた躍動感溢れる作品から、類型的な画風に雅びな時代への憧憬がみられる作品など、その形式は幅広い。本書では未発表作も含めた十一作品十三篇を収録。物語のストーリーとともに、奈良絵本の魅力を紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 賢学草子
  • 玉藻の草子
  • 花鳥風月
  • 小男の草子 横本/縦本
  • 竹取物語
  • 武家繁昌
  • 弁慶物語
  • 高館
  • 薄雪物語 横本/縦本
  • 徒然草〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 奈良絵本
著作者等 工藤 早弓
書名ヨミ ナラエホン : ゲ
シリーズ名 京都書院アーツコレクション
巻冊次
出版元 京都書院
宮帯出版社
刊行年月 1998.1.1
ページ数 255p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 978-4-86350-337-3
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想