農林業問題研究  171号

地域農林経済学会【編】

[目次]

  • 飼料用稲を基軸とする耕畜連携システムの計量分析モデル-コントラクター介在型システムの場合
  • 農業体験学習による子どもの意識・情感への影響に関する実証分析-実施場所の異なる都市地域の3つの小学校を対象として
  • 地域ブランドの品質規定における正当化の論理-賀茂なすの伝統産地と新興産地を事例として
  • 女性農業者のキャリア形成を促進する支援のあり方-家族農業経営における人事管理を視点として
  • 書評(胡柏著『環境保全型農業の成立条件』
  • 安田原三・相川直之・笹原昭五編著『いまなぜ信金信組か-協同組織金融機関の存在意義』
  • 小野征一郎編著『TAC制度下の漁業管理』)
  • 支部大会報告(近畿支部大会報告)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 農林業問題研究
著作者等 地域農林経済学会
書名ヨミ ノウリンギョウモンダイケンキュウ : 171
巻冊次 171号
出版元 地域農林経済学会
昭和堂
刊行年月 2008.9
ページ数 90p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 978-4-8122-0770-3
ISSN 03888525
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想