均等法制定から20年働く女性の変化 : 女性労働の分析  2007年

厚生労働省雇用均等・児童家庭局【編】

均等法制定後の働く女性の状況の長期的な変化を追う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 働く女性の状況(平成19年の働く女性の状況
  • 昭和60年以降の長期的変化
  • 企業の雇用管理における男女均等取扱いの状況)
  • 2 働く女性に関する対策の概況(平成19年4月〜平成20年3月)(雇用における男女の均等な機会と待遇の確保等対策の推進
  • 仕事と生活の調和の実現に向けた取組
  • パートタイム労働対策の推進
  • 在宅就業対策の推進
  • 家内労働対策の推進
  • 女性の能力発揮促進のための援助)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 均等法制定から20年働く女性の変化 : 女性労働の分析
著作者等 厚生労働省雇用均等児童家庭局
厚生労働省雇用均等児童家庭局
書名ヨミ キントウホウセイテイカラニジュウネンハタラクジョセイノヘンカ : ジョセイロウドウノブンセキ : 2007
巻冊次 2007年
出版元 21世紀職業財団
刊行年月 2008.6
ページ数 300p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 978-4-915811-39-5
NCID BA86317161
BB17738066
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想