社会改造をめぐる理論的対抗 : 法の科学 : 新自由主義と理論的対抗  39(2008年)

民主主義科学者協会法律部会【編】

[目次]

  • シンポジウム=社会改造をめぐる理論的対抗-新自由主義と理論的対抗(新自由主義的構造改革に対抗する社会経済構想-国家・市場・市民社会をめぐって
  • 憲法学と新自由主義(対抗理論の模索) ほか)
  • コロキウム=現代改憲論と「国民」・「社会」(憲法改正プロセスにおける「国民」
  • 改憲論の「受容」とナショナリズム ほか)
  • ミニ・シンポジウム1=現代改憲と「ナショナル・ミニマム」(格差=不平等・貧困社会とセーフティネット=人権
  • 現代日本における「ナショナル・ミニマム」-労働法から観た諸問題)
  • ミニ・シンポジウム2=被害者の手続参加と刑事裁判の変容(犯罪被害者の刑事裁判参加へのひとつのアプローチ
  • 被害者参加と刑事裁判の変容 ほか)
  • ミニ・シンポジウム3=公害・環境被害の救済と救済制度のあり方(環境被害救済制度のあり方-費用負担の問題を中心に
  • 東京大気汚染公害裁判と被害者救済制度 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会改造をめぐる理論的対抗 : 法の科学 : 新自由主義と理論的対抗
著作者等 民主主義科学者協会法律部会
書名ヨミ シャカイカイゾウヲメグルリロンテキタイコウ : ホウノカガク : シンジユウシュギトリロンテキタイコウ : 2008
巻冊次 39(2008年)
出版元 日本評論社
刊行年月 2008.9.10
ページ数 215p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-535-05039-6
ISSN 03856267
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想