農地制度改革 : 担い手育成、耕作放棄地減少は可能か

農政ジャーナリストの会【編】

[目次]

  • 特集・農地制度改革-担い手育成、耕作放棄地減少は可能か(急がれる新たな農地制度への転換
  • 農地政策の見直しについて ほか)
  • 農政の焦点(二〇〇八年産米の生産調整/水田農業の転機に出来るか
  • 今年の畜産物価格と関連対策について ほか)
  • 地方記者の眼(東国原宮崎県知事の二年目)
  • 現地取材(農村開発企画委員会合同農村地域事例調査)
  • 海外レポート(動物の健康と栄養シンポジウムに参加して
  • 高度差二、〇〇〇メートルの取材)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 農地制度改革 : 担い手育成、耕作放棄地減少は可能か
著作者等 農政ジャーナリストの会
書名ヨミ ノウチセイドカイカク : ニナイテイクセイコウサクホウキチゲンショウハカノウカ
シリーズ名 日本農業の動き 164
出版元 農林統計協会
刊行年月 2008.8.22
ページ数 158p
大きさ 19×13cm
ISBN 978-4-541-03596-7
ISSN 02896931
NCID BA86811645
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想