共生型エネルギー社会の可能性

共生社会システム学会【編】

[目次]

  • シンポジウム報告論文(地球温暖化対策と我国のエネルギー国家戦略
  • バイオエネルギーの可能性-持続的社会実現のために)
  • 投稿論文(プエブラ・パナマ開発計画反対運動とローカルNGOに関する考察-メキシコ・テワンテペック地峡の3事例を手がかりとして
  • 東北タイにおける充足経済型農業の実態と可能性 ほか)
  • 資料(パーマカルチャー実践農家の経営展開
  • 有機農業の新規参入者の実態に関する研究-神奈川県と千葉県の事例より ほか)
  • 短報 東京都多摩地域における中型哺乳類の有害駆除捕獲
  • 研究ノート エコフェミニズム批評の可能性-マイケル・ラドフォード監督の『ヴェニスの商人』試論
  • 学会紹介 日本における共生-新しい政治的概念の誕生
  • 書評 矢口芳生・尾関周二編『共生社会システム学序説』

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 共生型エネルギー社会の可能性
著作者等 共生社会システム学会
書名ヨミ キョウセイカタエネルギーシャカイノカノウセイ
シリーズ名 共生社会システム学会 共生社会システム研究 Vol.2 No.1
出版元 農林統計協会
刊行年月 2008.7.31
ページ数 6,277p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-541-03593-6
NCID BA87035405
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想